忍者ブログ
韓国のStarcraftのプロゲーマーを愛するshuiniaoのブログです
Admin / Write / Res
<< 07   2018/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WCG日本予選の後記です。試合のことはいろんなところに書いてあるし、あたしよりもっとよく書ける人が書いてくれると思うので、あたしは自分の視点で自分の話中心に書いておきますw


WCG日本予選が開催されることを知ったのは、Twitter上の告知。しかもsugeoさんが実況解説をやる、とな。nazomen選手も出ると言うし、Twitter上の人も多数見に行くと宣言してるし、これは見に行かずにはいられない!!!だけどけっこう急だったので、他の用事の調整なんかもあって観戦希望メールを送ったのは試合の一週間前。観戦OKの返信をいただいてからは、日本でスタクラのオフライン大会が見られるんだーと楽しみにしていたのよ。

ところが試合の2~3日前にソリッドレイ研究所から一通のメールが送られてきて、「ニコニコ生放送用のゲーム画面の操作」をお願いしたい、とのこと。これは・・・オブザーバーをやれってこと?無理、無理、反応遅いもん、あたし。マルチタスクなんかやられたら、ついていけないよー!でもやる人いなくて困ってんのかな~・・・断るのも忍びないなぁ・・・とひとりであれこれ考えてみたけど、そんなことしててもラチがあかないのでsugeoさんに直接TEL。そこで、あたしに頼みたいのはカメラスイッチの仕事であり、オブザーバーはタチバナさんにお願いしてあるということを知る。しかし具体的なことがsugeoさんにもわからないということで、話しているうちにカメラスイッチは必要なさそうだという結論になり、結局ただの観戦者として会場に行くということで話がまとまった。
 

PR

hj023.jpg最近これしか書いてないw むしろこれだけでも追っかけるの大変だしw いや、見るだけならいいのよ。見た感想をブログに書く作業が、何て言うか…思ったよりめんど・・・(以下省略) だけどプロゲーミングの世界を知らない人にこの世界を紹介する大チャンスだから、あたしがんばる!でもさ、ぶっちゃけチームがMBC GAME HEROじゃなかったら、ここまでがんばれなかっただろうなwww


さあ、本題にまいりましょう!前回の最後にもちょっと書いたけど、今回はついにMBC GAME HERO以外のチームの選手が出てるので、そこに注目!SK Teleom T1のイムヨファン、チェヨンソン、キムテギョンの3人。SK Telecom T1は日本のプロ野球で言うところの巨人みたいなチームで、伝統も人気もあるチーム。イムヨファンはeスポーツのアイコン的存在で、韓国でスタクラのルールはしらなくてもイムヨファンの名前だけは知っているという人も多い。実はキムテギョンは元々はMBC GAME HEROの選手だったのだけど、T1が多額の移籍金を払って金銭トレードされた経緯がある。ね、巨人ぽいでしょ?w

ちなみにeスポーツにはFA(フリーエージェント)もある。韓国ではスポーツとしてちゃんと確立していることが、SS501ファンの皆様にも少しは分かってもらえたかな?
 

立て続けに第3回の感想をアップ!いやー、この番組ホント面白いわ。あたしはMBC GAME HEROのファンなのでどうしてもHEROの選手たちを中心に見てしまうのだけど、マンネもなかなかいい味出してると思った。マンネにも情が湧いてきたわ。

HJ013.jpgさて、今回も先にゲーム面での解説を挟んでおこうかねー。今回はプロリーグについて。プロリーグとはMSLやOSLと違い、チーム対抗で行われるリーグ。現在は『新韓銀行プロリーグ09-10』の第3ラウンド・通称ウィナーズリーグが行われており、勝ち抜き戦で先に4勝したチームの勝利。この日MBC GAME HEROはイジェホ選手、空軍はチャジェウク選手が先鋒。先鋒が負けると次鋒・中堅・大将の順番に出てきて試合に挑む形式…剣道みたいな感じかな。で、先にネタバレしちゃうけど、この日はイジェホが一人で相手チームの4選手を倒し、オールキル達成!マンネは勝利の女神なの!?

もう第3回も放送になってるけど、とりあえず第2回の感想をアップw 遅れるのなんていつものことだけどさ…。

そういえばこの番組視聴率すごいいいみたいねー。SS501っていう有名どころが出てるっていうのも視聴率が高い理由なんだろうけど、それを抜きにしても普通に面白いもんね。あたしみたいな選手萌えも絶対見るだろうし。てかあたしの韓国のお友達、このブログにも書いたことあるボソンファンの子は、SS501も好きなんだよね。そういう偶然ってあるんだなぁって思ったよ。

HJ021.jpgさてさて、第2回ではMSLを見に行くっていう内容が含まれてるので、ゲームを知らない方のためにMSLについてちょっと書いておこうと思う。韓国プロゲーミング界の大きな大会は現在3つあって、そのうちのひとつがMbc game Star League、略してMSL。もうひとつのOngamenet Star League、略してOSLと並ぶ二大個人リーグなのである。ちなみにあとひとつはチームリーグのプロリーグで、現在は新韓銀行プロリーグ09-10の第3ラウンド(ウィナーズリーグ)の真っ最中。MBC GAME HEROも上位につけて頑張ってるよ^^

とにかくそのMSLの決勝戦、イジェドンvsイヨンホを観に行ったマンネ&ギョンジョンの様子が今回の放送に含まれてるというわけ。つうかコレ見てたら、またMSL思い出してヤな気分になったわー。停電事故については、当たり前だけど全く触れられてないけど、見てる方は思い出すっつーの。ホント、せっかくのリッサン録が台なしだわ…って番組と関係ない話でごめんなさい><
 

今日は1月の終わりからMBC GAMEで新しく始まった『SS501 ヒョンジュン プロゲーマーになる』をご紹介!


20100128_3578df7f08bcee62c02bef9d35283fc1.jpg普段からここを見てくれているのはStarcraftのファンばっかだと思うので、SS501の紹介をば。SS501は韓国の人気アイドルグループで「ダブルエスオーゴンイル」と読みます。日本でも有名な東方神起とだいたい同じぐらいにデビューしたグループで、彼らもやはり日本で少し活動しています。ちなみに日本では「ダブルエスゴーマルイチ」だそうですw SS501は5人グループで、今回の主人公は一番年下(韓国語でマンネといい、彼のニックネームでもある)のメンバー・キムヒョンジュン。この子がMBC GAME HEROに入団してプロゲーマーを目指すという番組なのです。


一応日本のSS501ファンの方にもここを見に来てもらえることを願って、Starcraftと韓国のプロゲーミング事情も簡単にご紹介。Starcraftはアメリカ産のPCゲームで、建物や兵力を作りながら戦う対戦ゲームです。そして韓国ではプロゲーマーという職業がプロ野球などと同じようなレベルで成り立っており、現在プロゲームチームは12チームあります。今回はその中でも今シーズン特に奮闘しているMBC GAME HEROというチームに、マンネヒョンジュンが入団します。

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/27 shuiniao]
[11/26 breek]
[08/26 shuiniao]
[08/26 nazomen]
[03/31 shuiniao]
プロフィール
HN:
shuiniao
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
last.fm
Copyright ©  韓国StarcraftFanBlog All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]